悩ましいフィラリア薬とその情報

img01

犬を飼っている人は知っていると思いますが、フィラリア症は犬にとってかかると生命の危険もあるほど深刻なものです。ですから、獣医さんなどはフィラリア症予防のためにフィラリア薬を摂取することをすすめています。

フィラリアは蚊を媒介として感染するもので、フィラリアにかかっている動物から血を吸った蚊が他の動物の血を吸うことで感染を広げていきます。

ですから、基本的にフィラリア薬は蚊を見かけて1ヵ月後から蚊を見かけなくなって1ヵ月後まで犬に投薬する必要があると基本的には言われています。

ですから、1年のうち何ヶ月投薬すればいい、というわけではなく蚊がいるかどうか、が判断基準になってきます。住んでいる場所が暖かい場所であれば自然と投薬期間も長くなってしまうはずです。

フィラリア薬は基本的にフィラリア感染予防と言われています。ですが、実際にはフィラリアの幼虫を退治するものです。

卵にはフィラリア薬は効果がないので幼虫になった段階で退治しなければなりません。フィラリアが卵から幼虫になるまで約1ヶ月かかるので、蚊を見かけてから1ヵ月後にフィラリア薬を投薬するということになっています。

気になるフィラリア薬の値段なのですが、定価というものは存在しません。基本的に動物病院はフィラリアの薬に関して値段を獣医が決めることができます。ですから、同じフィラリア薬であっても病院によって値段が違うということはよくあることです。

また、フィラリア薬の投薬量は犬の大きさによっても異なるため薬の値段は一定ではありません。もし、値段に関して気になるようであれば、何件か動物病院に問い合わせて調べてみてもいいかもしれません。

フィラリア薬は種類がいくつかあるので、自分の犬に合う薬を探してみてください。フィラリアの薬は決して副作用が全くないと言い切れるものではありません。

フィラリアの幼虫を退治することができるくらいですからある程度強いものです。犬のタイプによっても合うフィラリア薬が違ってくるはずなので、投薬の前にきちんと薬の情報を調べてみることをおすすめします。

↓フィラリア薬のおすすめサイト↓
フィラリア薬を通販で買ってみた【本音の辛口レビュー】

蚊が出る前にフィラリア薬で愛犬を守ろう

18-a

だんだん暖かくなってくると花粉が気になり始めますが、同時に愛犬を飼っている方はフィラリア薬の時期だなと、実感する方も多いかと思います。

私も毎年、動物病院に行って年一回の身体検査と一緒にフィラリア薬をもらってきています。

フィラリア症はかかってしまうと手遅れになってしまう事が多く、もし治療できる場合でも、手術費用が高額で大変です。そうならないために、毎年の予防が必要だと言われています。

フィラリアは蚊が媒体となって感染する病気なので、蚊が出始める少し前の時期から冬になるまで、毎月与えるのが一般的ですよね。

今では、飲み薬の他に注射のタイプやおやつとしてあげられるタイプ、また背中に垂らして使うスポットオンタイプもあり、一口にフィラリア薬と言っても、色々選べるようになりました。

imasia_6245473_M

初めてという方は、獣医さんと相談して決めるといいですが費用は病院や愛犬の体重によって異なります。また通販でも一部取り扱っているところもあります。

うちでは最初に、錠剤タイプの飲み薬を毎月決まった日におやつと一緒に混ぜてあげていました。でもそのうちおやつだけ食べて錠剤はよけるという賢さを身につけてしまったので、今では細かく砕いてわからないようにしてこっそりあげています。

フィラリア薬を練りこんだ肉の風味のおやつタイプも挑戦してみましたが、これはそっぽ向かれてしまいました。

あげる時はちゃんと見ていないと、実はその辺に捨てていたなんてこともあるので、確実に飲み込むのを確認しないと安心できないです。

ちなみに友人の愛犬は錠剤もおやつタイプも全く見向きもしなくて、もう飲ませるのはやめて背中に垂らすスポットオンタイプにしたそうです。こちらは月一回、肩甲骨の間に垂らすだけなので、錠剤が苦手な愛犬には有効な方法とも言えます。

フィラリア薬は毎月あげないといけないのが少々大変ではありますが、愛犬のフィラリア予防の為にも飲み忘れ、与え忘れには注意しましょうね。

フィラリア薬の種類について

フィラリア薬には、実は沢山のジェネリック医薬品が発売されています。私も始めはどれにするか大変悩みましたが、色々紹介していきたいと思うので参考にしてもらえたら幸いです。

未だにジェネリック医薬品のことをあまり分かっていない方もおられると思うので、とにかく簡単に説明させてもらいます。

ジェネリック医薬品とは、先発で発売された会社の薬の特許が切れて他の会社が同じ薬を作る、いわば後発の医薬品のことです。

最近では日本でも少しずつ普及してきていますが、海外では過半数の人がジェネリック医薬品を使用しています。コスト面も含めて色々選べるというのがメリットです。

それでは説明も終わったので早速紹介に入りたいと思います。

まずは一番メジャーなキウォフハートです。私もこちらの商品を使用させてもらっていますが、この商品の特徴は何と言っても、薬の品質にこだわっているという点が挙げられます。

私も愛犬には安心を与えたいので、この商品を選びました。実際に他の愛犬家たちからの支持も絶大なんだそうです。

その割には中でも値段の面で割とお求めやすいので重宝しています。
次にハートガードというフィラリア薬です。こちらの商品は犬が大好きなビーフの味がついていることが特徴なのだそうです。

お次はダイロハートです。こちらは2013年にフィラリア薬でも、ベストセラーを誇っていた商品だったようです。特徴としてはハート型で、バニラ味のお菓子感覚のようです。パッケージは大変可愛い仕様となっています。

そして私も現在一番気になっているフィラリア薬なのですが、パノラミスという商品です。こちらの特徴はこの商品たった一錠で、フィラリア薬の効果だけではなく、ノミや真ダニの駆除効果があるのだそうです。私の家では室内だけでなく、外にも飼っているのでこちらの商品が大変魅力的に思えます。

フィラリアの予防をするのもしないのも、飼い主の方の自由ではあります。しかしながら予防が必要な病気の中で一番多いのもこのフィラリアだということを覚えておいてほしいと思います。愛犬への愛情のためにも、ぜひ予防してあげて下さい。

忘れずに与えようフィラリア薬

images

冬も終わり温かい春になって、忘れずに行いたいのがフィラリアの予防です。

フィラリアとは蚊が犬を吸血する際にフィラリア幼虫が体内に入り心臓に入ってしまい、心臓まで到達した成虫を駆除することはとても難しく、恐ろしい病気です。このフィラリア幼虫を心臓に到達する前に撃退することができるのがフィラリア薬です。

フィラリアは蚊にさされることによって感染するので、蚊が活発に活動する前にフィラリア薬を与える必要があります。

フィラリア薬にはいくつか種類があります。普通の薬と同じ形の錠剤タイプ、ジャーキータイプ、注射薬タイプなどがあります。

錠剤タイプはアレルギーなどと関係なく投薬できるのですが、なかなか飲んでくれない子などもいると思います。薬嫌いの子には断然ジャーキータイプをおすすめします。

犬は薬という感覚なく、おやつのように食べてくれるので、飼い主にとっても犬にとってもストレス無く使用することができるでしょう。

この錠剤タイプとジャーキータイプの薬は約6ヶ月の間決まった日に与える必要があり、ついつい投薬を忘れてしまったりすることもあるので注意が必要です。

注射タイプは年一回の投薬で完了しますが、なるべく体の負担になるようなことは避けたほうがいいと思います。

私が使っているのはジャーキータイプの薬です。見た目も味もジャーキーそっくりなので普段薬を嫌がってなかなか飲んでくれない犬でも喜んで食べてくれます。

少し大きめのもので、うちの犬は小型犬なのでちぎって一口サイズにして与えています。今のところ嫌がって飲まない、ということはありません。月1回の投薬日、カレンダーなどに印を付けて忘れないようには予防しています。家族で共有することも大切だと感じています。

値段は犬の大きさ、薬の種類、獣医さんによっても変わってきますので、値段が気になる人は近くの獣医に問い合わせをしてみてください。ちなみに、3キロの小型犬のうちの犬は、検査を入れて約5000円だった気がします。

フィラリア薬が完成したおかげで犬の平均寿命は大幅に伸びたとききます。家族の一員である犬にはいつまでも元気で長生きして欲しいものです。狂犬病や混合ワクチンと同じようにフィラリア薬ももっと広まることを願います。