蚊が出る前にフィラリア薬で愛犬を守ろう

18-a

だんだん暖かくなってくると花粉が気になり始めますが、同時に愛犬を飼っている方はフィラリア薬の時期だなと、実感する方も多いかと思います。

私も毎年、動物病院に行って年一回の身体検査と一緒にフィラリア薬をもらってきています。

フィラリア症はかかってしまうと手遅れになってしまう事が多く、もし治療できる場合でも、手術費用が高額で大変です。そうならないために、毎年の予防が必要だと言われています。

フィラリアは蚊が媒体となって感染する病気なので、蚊が出始める少し前の時期から冬になるまで、毎月与えるのが一般的ですよね。

今では、飲み薬の他に注射のタイプやおやつとしてあげられるタイプ、また背中に垂らして使うスポットオンタイプもあり、一口にフィラリア薬と言っても、色々選べるようになりました。

imasia_6245473_M

初めてという方は、獣医さんと相談して決めるといいですが費用は病院や愛犬の体重によって異なります。また通販でも一部取り扱っているところもあります。

うちでは最初に、錠剤タイプの飲み薬を毎月決まった日におやつと一緒に混ぜてあげていました。でもそのうちおやつだけ食べて錠剤はよけるという賢さを身につけてしまったので、今では細かく砕いてわからないようにしてこっそりあげています。

フィラリア薬を練りこんだ肉の風味のおやつタイプも挑戦してみましたが、これはそっぽ向かれてしまいました。

あげる時はちゃんと見ていないと、実はその辺に捨てていたなんてこともあるので、確実に飲み込むのを確認しないと安心できないです。

ちなみに友人の愛犬は錠剤もおやつタイプも全く見向きもしなくて、もう飲ませるのはやめて背中に垂らすスポットオンタイプにしたそうです。こちらは月一回、肩甲骨の間に垂らすだけなので、錠剤が苦手な愛犬には有効な方法とも言えます。

フィラリア薬は毎月あげないといけないのが少々大変ではありますが、愛犬のフィラリア予防の為にも飲み忘れ、与え忘れには注意しましょうね。