悩ましいフィラリア薬とその情報

img01

犬を飼っている人は知っていると思いますが、フィラリア症は犬にとってかかると生命の危険もあるほど深刻なものです。ですから、獣医さんなどはフィラリア症予防のためにフィラリア薬を摂取することをすすめています。

フィラリアは蚊を媒介として感染するもので、フィラリアにかかっている動物から血を吸った蚊が他の動物の血を吸うことで感染を広げていきます。

ですから、基本的にフィラリア薬は蚊を見かけて1ヵ月後から蚊を見かけなくなって1ヵ月後まで犬に投薬する必要があると基本的には言われています。

ですから、1年のうち何ヶ月投薬すればいい、というわけではなく蚊がいるかどうか、が判断基準になってきます。住んでいる場所が暖かい場所であれば自然と投薬期間も長くなってしまうはずです。

フィラリア薬は基本的にフィラリア感染予防と言われています。ですが、実際にはフィラリアの幼虫を退治するものです。

卵にはフィラリア薬は効果がないので幼虫になった段階で退治しなければなりません。フィラリアが卵から幼虫になるまで約1ヶ月かかるので、蚊を見かけてから1ヵ月後にフィラリア薬を投薬するということになっています。

気になるフィラリア薬の値段なのですが、定価というものは存在しません。基本的に動物病院はフィラリアの薬に関して値段を獣医が決めることができます。ですから、同じフィラリア薬であっても病院によって値段が違うということはよくあることです。

また、フィラリア薬の投薬量は犬の大きさによっても異なるため薬の値段は一定ではありません。もし、値段に関して気になるようであれば、何件か動物病院に問い合わせて調べてみてもいいかもしれません。

フィラリア薬は種類がいくつかあるので、自分の犬に合う薬を探してみてください。フィラリアの薬は決して副作用が全くないと言い切れるものではありません。

フィラリアの幼虫を退治することができるくらいですからある程度強いものです。犬のタイプによっても合うフィラリア薬が違ってくるはずなので、投薬の前にきちんと薬の情報を調べてみることをおすすめします。

↓フィラリア薬のおすすめサイト↓
フィラリア薬を通販で買ってみた【本音の辛口レビュー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です